Impregnable 1

 その日、僕は無職になった。

 あくまで自主的に退 しりぞ いたのだと言いたいけれど、傍目 はため には追放としか見えなかっただろう。

 何故 なぜ そんなことになったのか。僕はつい数時間前のことを思い出していた。

 ◇

 僕の所属していた勇者パーティー の実力は、世界でも五本指に数えられる程。実際、世界四位だ。

 現在では公式パーティーのメンバーは五人と決められている。僕のパーティーのメンバーは──。

「しゃらくせぇッ!」

 まず、一人目。【戦士】のアルバ。逆立った灰色の短髪と鋭 するど い目つきが特徴的。細く引き締まった身体 からだ をしており、それを操 あやつ るセンスがずば抜けている。

 そんなアルバのメイン武器は、蛇腹状 じゃばらじょう の刃を持つ特殊な魔法剣。

 伸縮自在のその剣は持ち主のイメージ通りに動くが、だからこそ遣い手の技量が問われる武器だ。

 アルバは迫り来る人狼 じんろう ・ウェアウルフの群れに向かって剣を振るった。

 魔法剣が起動し、刃が伸びた。刀身が複数のブロックに分かれ、それを帯状の何かが繫 つな いでいる。

 宙を泳ぐ刃は押し寄せる大波の如 ごと く。魔法剣はウェアウルフ達を呑 の み込 こ み──切り裂いた。

『──おぉっとォ!?  ここでアルバの魔法剣が炸裂 さくれつ しましたッ! ウェアウルフが一、二、三……いやまとめて十数体以上やられたんじゃないでしょうか! 相変わらず凄 すさ まじい威力です! ですがこの攻撃は発生までに隙 すき が生じるので使い所が難しいんですよね。つまり仲間のカバーが必要なわけです。このパーティーはそこを分かってる!』

 実況 はダンジョン内の者には聞こえないが、きっとそんなことを言ったのだろう。

 次は【聖騎士】ラーク。背が高く、鍛 きた え抜かれた身体をしている。ウェーブ掛かった紺色 こんいろ の髪の隙間 すきま からは眠たげな目が覗 のぞ いていた。口数は少ないが、必要な瞬間に必要な仕事をこなしてくれる盾役 タンク 。そして好機を見れば、恵まれた体格を生かした大剣による一撃を敵に見舞う。

 先程はアルバの溜め の隙を突こうと迫ったウェアウルフをシールドバッシュで弾 はじ いた。

『個々の力はもちろんですが、一定以上の成果を上げるにはやはり連携が重要! ラークは自身も【戦士】級の攻撃力を誇りながら、周囲をよく見て適宜 てきぎ カバーに入るのがいいですね! 彼が盾役 タンク に集中出来るのはやはり──』

 世界中に点在するダンジョンの中でも、いまだ最深部到達パーティーゼロの記録を守り続けている伝説的ダンジョン──『魔王城』。

 攻略記録石によって、冒険者達は前回辿 たど り着いたところから攻略を再開出来るようになった。

 だというのに、『魔王城』の最深部にて魔王と相対したパーティーは一組も存在しない。

 だが彼は、そんな伝説を終わらせる可能性があった。

 人々は彼をこう呼ぶ──【炎の勇者】フェニクスと。

「奴 やつ は私が叩 たた く、道中の露払 つゆはら いを頼めるかな」

 アルバが「仕方ねぇな!」と叫 さけ んだ。言葉はなくとも、他の者も了承以外に答えはない。

 ダンスホールのような空間だ。致命傷 ちめいしょう 相当の傷を負った敵は既に退場 している。

 それでもまだフロア中にいるウェアウルフと、奴らを統 す べる──ひときわ大きな個体。

「貴方 あなた はただ、最短距離を往 い きなさい」

【狩人 かりゅうど 】リリーは、太陽の光を編んだような金の髪と、新緑を思わせる瞳 ひとみ を持つエルフの射手だ。

 編まれた両側の横髪は前に垂らされ、髪の間から覗く耳はピンと尖 とが っている。

 パーティー唯一 ゆいいつ の女性で、僕らと比べると大人と子供くらいの身長差があるが、その印象は凛々 りり しい瞳と彼女の弓術を目 ま の当 あ たりにすれば吹き飛ぶ。

 巨大な弓を操るリリーだが、誰 だれ も彼女が矢を放っているところを見たことがない。構えたかと思うと、弓矢は既に敵を貫いている。それも一射ではない。ほぼ同時に、無数の矢が魔物を襲う。

『で、出たぁあああッ! 「神速」ですッ! 世界で三人しか使用者が確認されていない「疾 はや すぎる弓術」が本日も披露されました! 見えないんですけどね! ただし矢を受けて倒れる敵を見ればその凄まじさは伝わるでしょう! 一気に八体が退場です!』

【炎の勇者】フェニクスは、火精霊の加護を得た聖剣を右手に握っている。

 そして、次の階層へと続く扉を護 まも るフロアボスと己 おのれ を結ぶ直線上を、悠然と進む。

 何十体といるウェアウルフの一体も彼に近づくことは出来ない。アルバ、ラーク、リリーの三人が彼に近づく全 すべ ての敵を打倒しているからだ。

 そうなってくると、僕は何をしているのだという話になる。

 何かに対してプラスに働くものを白魔法と呼ぶ。治癒 ちゆ や強化、浄化などが代表的な存在だ。逆にマイナスに働くものを黒魔法と呼ぶ。攻撃力低下、防御力低下、速度低下、一定時間固定ダメージを受け続ける毒状態、思考判断力を乱される混乱状態、視界を制限する暗闇 くらやみ 状態などが該当 がいとう する。

 だが、そんな黒魔法を得意とする者は現代では冷遇されていた。

 理由は幾 いく つかあるが、代表的なものは二つ。

 効果を実感し辛 づら い上に、見栄 みば えがしないから。恩恵を受けているかどうかいまいち判然としない。

 今だって僕は敵全員の魔法・物理両方の攻防力と、速度、思考能力を低下させ、視界を制限しているが、きっと実況では触れられてすらいない。

 あるいはこんなふうに言われているのではないか。

『うーん、やはりこうなってくると気になってくるのが【黒魔導士】レメですね。元々サポート向けの役職 ジョブ ではありますが、現代の制度を考えると優先的に組み込むべき人員ではないように思います。実際、彼が抜けたところで穴にはならないでしょう。どうせ入れるなら【白魔導士】にすればこのパーティーの凄まじい攻撃力の後押しとなってくれるでしょうに』

 とかなんとか。これは何も被害妄想ではなくて、以前録画 しておいた攻略映像を観 み た時に似たようなことを言われていた。

 黒魔法は地味。派手さなんてない。外側から観ている者からすれば何の動きもなくただいるだけとしか思えないのではないか。たまに動く口はどんな魔法を掛けているか仲間に伝えているが、視聴者にとっては何も面白 おもしろ くないし、視覚的に効果が分かるわけではないからなおのこと退屈だろう。

 戦いもしないし。要するに、華がない。そんなものだから、人気も出ない。

 パーティーを組むには【勇者】適性を持つ者が必要。これは絶対。

 そしてパーティーメンバーは五人。

 どこも最適の形を求めてメンバー構成に頭を悩ませるものだ。

 僕らは数万組いると言われる公式パーティーの中で、第四位。これは人気や実績などを許 もと に冒険者組合が決め、一年に一回更新されるもの。

「人狼の長 おさ よ、悪いが押し通らせていただく」

 フェニクスは結局ただの一度もウェアウルフに襲われることなく、フロアボスの眼前まで辿り着いた。フロアボスはもう半分巨人のようなものだ。通常個体の三倍程の体軀 たいく は目の錯覚を疑う程。

 そんな相手に怖 お じることなく、フェニクスが剣を構える。

 フロアボスが咆哮 ほうこう を上げながら、鋭利な爪 つめ で勇者に襲いかかった。

 が、それはフェニクスの剣に止められる。甲高 かんだか い音と共に火花が散った。

 直後、相手の身体が燃え上がる。まるで建物か木が燃えているようだった。消えない炎に包まれた敵に向かって、彼は更に一閃 いっせん 。火炎によるダメージではなく斬撃でとどめを刺す。相手の魔力体 アバター に限界が訪れ、肉体が崩壊。粒子となって空気に溶ける。──退場 だ。

「私達の戦いに敗北はない」

『決まったぁあああッ! 聖剣は宿した精霊の格によって性能が変わりますが、彼が契約を結んだのはこの世全ての熱の源であると言われる火精霊! 間違いなく最高ランクの精霊です! その分使用者を選ぶ基準も大変厳しいと言いますが、さすがは百三十年ぶりの契約者! 今回もたったの一撃でフロアボスを撃退してくれました!』

 きっと映像板 テレビ の前の視聴者は大興奮していることだろう。

 これは僕達のスタイルというか、初めは少しでも人々の印象に残りたくてやったことだった。

 フロアボス戦で、【勇者】は一撃しか見舞わない。

 フェニクスは美形だし、炎の聖剣も派手で見栄えがいい。仲間が露払いし、一撃でボスを仕留める。これがウケたおかげで、パーティーの知名度もグンッと上がったものだ。

『第四層も見事に攻略完了ッ! さすがは【炎の勇者】フェニクスパーティーと言ったところでしょうか! さてセーフルームに入った彼らですが……攻略記録石に登録証を当て……今回の攻略はここまでのようです! いやぁ、次回の第五層攻略が待ちきれませんね!』

「さて、帰ろうか」

 フェニクスの声と共に、僕らの持つ親指程の長さをした薄い金属製の板が淡く輝いた。登録証だ。

 氏名や性別、役職や認識番号などが打刻されている他、攻略記録石に触れることによって情報記録 セーブ や別の記録石のある場所まで瞬時に移動することも可能。

 瞬 まばた きほどの時間で、僕らは攻略開始直前までいた部屋に戻っていた。

 僕がパーティーを抜けることになるのは、この後に行われた打ち上げでのこと。

 ◇

 仕事終わりに打ち上げに行くのは、いつの間にかパーティー恒例になっていた。

 冒険組合の関係者を主な客とする、通称勇者食堂。

 騒がしい店内で、僕らは円卓を囲んでいた。

 乾杯 かんぱい の後、木樽 たる ジョッキになみなみと注 そそ がれた酒を一気呑みする【戦士】アルバ。

 彼は「ぷはぁ!」と気持ちよさそうに顔をしわくちゃにし、ジョッキを卓上に叩きつける。

 近くの給仕係におかわりを頼むと、早くも赤ら顔になった彼がギロリと僕を睨 にら んだ。口の周りについた泡のおかげで凶悪さは半減されている。

「やっぱよぉ、お前足手まといじゃね?」

 僕は内心で溜 た め息 いき をつく。これもまた恒例というか、最近ことあるごとに話題になることだった。

「アルバ……」

「庇 かば うんじゃねぇよフェニクス!」

 この話題において、明確に僕の味方と言えるのは【勇者】フェニクスだけだ。

 今まさにアルバを窘 たしな めるように口を開いたのも彼である。

 燃える炎の如き赤髪に、柔和 にゅうわ な笑みのよく似合う整った顔。長身で一見細身だが、その実鋼の如く鍛えられている。ダンジョン攻略の性質上荒事向きの人間が多くなる冒険者界隈において、珍しく怜悧 れいり さを感じる美男子だ。そして、僕と同じ村出身の幼馴染 おさななじみ でもある。

 小さい頃に一緒に冒険者になる約束をして、それは今も続いていた。

 ここのところは、続行の危機に瀕 ひん しているわけだけど。理由はもちろん僕。

【聖騎士】ラークはもそもそと豆をつまんでいた。我関せずという感じだ。背を丸め、ぼうっと中空を眺めている。女性人気の高いハンサムな青年だが、普段は大体こんな感じだ。

【狩人】リリーは気品さえ感じる所作で果実酒を口に運びながらも、耳は傾けているようだ。

 エルフ特有の尖った耳と、彼女特有の頭頂部からぴょこんと伸びている一房の毛髪が、ぴくぴくと揺れていることからもそれは分かる。髪の方が揺れる理由は謎 なぞ だ。

 僕はといえば、不格好 ぶかっこう な愛想笑いを浮かべてジョッキを両手で包んでいる。

 それがまたアルバを苛 いら つかせたらしい。

「正直 しょうじき に言うぜ? お前がこのパーティーにいられるのはフェニクスの昔馴染 なじ みだからだ。オレもラークもリリーも実力で入ってんだよ。毎回毎回結果も出してる。だがお前はどうだ? いつもオドオドついてくるだけで、黒魔法もどんだけ効果があんのか分かんねぇ」

 僕らの国では、【役職 ジョブ 】は十歳の時に神殿で明らかにされる。

 簡単に言うと、神様が自分の適職を教えてくれるのだ。神託が下りたように、これだと分かる。

 冒険者関連以外でもたとえば【料理人】や【商人】【鍛冶屋】や【宝石職人】なんてものもある。

 最も自分に向いている役割、職種を示してくれるわけだ。

 それを選ばなければならないわけではないが、たとえば【鍛冶屋】持ちが料理人になろうとしても誰も弟子 でし にしてはくれないし、いきなり店を開いたところで繁盛 はんじょう するのは難しい。誰だって食べるなら美味 うま いものがいいし、【料理人】持ちに作ってもらう方が確実だ。

【役職 ジョブ 】に逆らう生き方を選ぶのは苦難の道。

 これが冒険者になると更に厳しくなる。

 冒険者登録は、適性【役職 ジョブ 】でしか受け付けていないのだ。

 僕が冒険者をやるには、【黒魔導士】でなければならないということ。

 だが黒魔法は本当、とにかく効果が伝わり辛いのだ。もちろん僕にはどんな効果を及 およ ぼしているかハッキリ分かるが、仲間や視聴者に伝わらない。

 そして僕が自分のしたことを主張したところで、言い訳としか思われない。

「いやぁ……あはは」

「笑いごとじゃねぇんだよ!」

 酒気 しゅき を帯びた息と共に放たれる怒声。

「パーティーメンバーが五人って決まってんのはお前も知ってんだろ。限られた枠に無能が居座ってたら上には行けねぇ。オレ達は四位で止まるパーティーじゃねぇんだ。その為 ため には五人全員が一流じゃなきゃならねぇんだよ」

 アルバの言っていることは正しい。そんなことは僕にも分かっているし、自分がフェニクスに並び立つ価値がない二流だと思ったなら、言われるまでもなく身を引いている。

【黒魔導士】が不人気なのは事実だが、僕は自分の仕事が仲間に劣っているとは思わない。でもアルバを説得することは出来ないだろう。仮に僕の仕事を認めてくれたところで関係ない。彼が僕を追い出したい理由はそこにはないからだ。問題の根本は、僕の【役職 ジョブ 】なのだから。

 冒険者は実力主義であると同時に、人気商売でもある。

 強くなければダンジョンを攻略出来ないが、華がなければダンジョンを攻略したところで注目されない。人間中身が大事だが、美男美女の方がモテやすいというのと大体同じ。

「だからよぉ、いい加減フェニクスに寄生すんのはやめてくれや」

 人間が命懸けでダンジョンに潜り、人に仇 あだ なす魔物を討伐 とうばつ したりお宝を頂いたりしたのは遠い昔のこと。現代ではダンジョン攻略は商業化されており、冒険者も魔物も一つの職業でしかない。

 もちろん真剣勝負だが、攻略は配信され、世界中で視聴が可能。

 視聴数や評価に響くのは、派手な戦闘や優れた容姿など魅力が分かりやすいパーティーなのだ。

【黒魔導士】は枠を埋めるに値しない【役職 ジョブ 】という認識で、実際この適性が出た人間はその瞬間人生詰みと言われるほど人気がない。魔物役にはそこそこいるのだが、並の黒魔法を食らっても優秀な冒険者はゴリ押しで突破出来てしまうので、仲間に欲しいと思う人も少ない。

「アルバ、あまりに敬意を欠いた物言いだ。レメに謝れ」

 フェニクスが怒りを隠さず言うが、単に友情によるものと受け止められる。

「あぁ言い方が悪かったな。謝るぜ。でもな、間違ってるとは思わねぇ」

「いいや、間違っている。レメは──」

「庇うなよ。オレはお前となら上に行けると思って入ったんだ。足手まといと報酬を山分けする為じゃねぇ。お前の親友だろうと、他の三人がコイツを養う 義理はねぇだろって話だ」

 ギリ、フェニクスが歯を軋 きし ませる。

「何故分からない。レメは無能などではない。このパーティーに必要だ」

「オレはそうは思えないね。なぁお前らはどう思うよ」

 それまで黙っていた二人の意見を求めるアルバ。

「別に……まぁ、いてもいなくても変わらない、かな」

 ぼそぼそと答えるのは【聖騎士】ラーク。

「ハッ、それならいない方がいいだろ! そしたら少なくとも使える奴を入れられるんだからよ」

「……んー、まぁ。動けるのが入れば、もっと楽には……」

「だろ!?  【白魔導士】でもレメよかマシだ。おいリリーお前はどうなんだよ」

 美しいエルフの【狩人】リリーは、蔑 さげす むような視線でアルバを見る。

「貴方の口から吐き出される下品な言葉は、酷 ひど く不愉快です」

「育ちが悪いもんでな。んなことより内容について意見を聞かしてくれよ、リリーサマよ」

「……フェニクスが個人的感情を理由に力の足りない者を仲間にしておくとは思いません。ですが黒魔法の効果が実感し辛いのは事実。それに、わたくしたちは高い攻撃力で迅速に攻略を進めるタイプですから、正直サポートよりも直接的な戦力が欲しいとは思っています」

 意見に多少性格が反映されているが、基本的に結論は一致。僕を入れておくくらいなら、もっといい人材がいるだろうと三人は考えている。特に僕とアルバは以前から相性 あいしょう が悪く、彼は僕を追い出す機会をずっと狙 ねら っていた。この話が出るのも一度や二度ではない。

「オレは別にお前が憎くて言ってるんじゃねぇんだぜ? お前の黒魔法がダンジョン攻略に役立つってんなら謝るさ。あぁそうだ、試しにオレに掛けてみろよ。どんだけのもんか体験させてくれ」

 そうやってからかわれるのも何度目か。一瞬挑発に乗ってやろうかと思うも、実行には移さない。それは師匠に禁止されていたし、僕は自分の為に師匠の教えを破るつもりはない。

「ほら、出来ねぇんだろ? 結局お前は自信がねぇんだよ。そんな奴が四位? 有り得ねぇ」

 僕の背中を叩きながら立ち上がったアルバは、周囲を見渡しながら大声を上げた。

「なぁ、【黒魔導士】の代わりって何入れりゃあいいかね! コイツが抜けるらしいんだわ!」

 アルバの声に僕らの卓に注目が集まる。しばらくして状況を理解したらしい酔っぱらい達は、口々に戦闘系の【役職 ジョブ 】を挙げ、【黒魔導士】をこき下ろし、ゲラゲラ笑った。

「こいつ今から無職だからよ、どっか拾ってくんねぇか? 報酬は山分けがいいとか抜かしてんだけど、そこは応相談ってことで頼むわ」

 誰も興味を示さないどころか、満場の哄笑 こうしょう を博する。それを見て、アルバが笑みを深めた。

「分かるかレメ。ここにいる同業者共も、オレらの動画くらいチェックしてる。その上でこの反応なんだぜ? 頼むよ、お前一人の都合でオレ達四人の人生の足を引っ張らないでくれ」

「……アルバ、いい加減にしろ。それ以上は私が許さな──」

「いいんだ、フェニクス」

 僕はフェニクスを止めた。気持ちはとてもありがたいが、彼が言葉を尽くしても他の三人に響きはしないだろう。

 こと僕に関してだけ、フェニクスの信用は揺らいでいる。友達だから雑魚 ざこ を庇っている、と。

 間違いだと証明したところで無駄。何故なら僕は【黒魔導士】だから。

 彼らは僕が要らないんじゃない。【黒魔導士】が要らないのだ。

「分かった……抜けるよ」

「な──」

「ハッ! よぉく決断してくれたなレメ!」

 肩を組んでくるアルバの手を、払いのける。確かにこれ以上このパーティーにいても仕方がない。

 僕がかつて目指したのは、こんな屈辱に塗 まみ れた日々ではなかった筈 はず だ。

「フェニクス。僕は違うパーティーを探して、その上で君達より上を行くよ」

「レメ……」

 親友と別れの会話にまで、アルバは入ってきた。

「お前を入れたがるパーティーなんてねぇよ。話題ほしさでも長続きしねぇだろうさ! ってかもう部外者なんだからそこどけよ」

 そう言って席から立たされる僕。フェニクスはアルバの態度が相当頭に来ているようだったが、叫び出したりはしない。僕が望まないと分かっているからだろう。

「……レメ。待ってくれ」

「いいんだフェニクス。いいんだよ」

 僕らは友達。だがこれからはライバルだ。

 他の仲間から言葉はない。ラークは笑いこそしないが反応もせず、リリーはアルバの粗野な振る舞いに嫌悪を示しながらも僕の脱退そのものには反対ではないようだ。

 僕は一度も振り返らず店を後にした。

 その日、僕は無職になった。